K/Hシステムとは

日本人特有の苦労を「根本から解決」するための体系的プログラム

日米両国で20年を超える実績を持つ、実践型の英語コミュニケーション力養成プログラムです。1996年に米国で駐在員のための英語学習法セミナーとしてスタート。両国で公開講座型セミナー、企業内研修を教えてきた講師陣が、実際の経験を通して積み上げてきた分析をもとに、20年にわたって方法論を開発、改善しながら体系化してきた、現場に根差した学習プログラムです。学んできたはずの英語が実際のコミュニケーションの現場で生かせず、英語学習にも、コミュニケーションにも行きづまっている日本人ビジネスパーソンの苦労をひとつひとつ理解し、日本人特有の落とし穴や壁を洗い出し、それらを乗り越えるためのステップを学習法に作り込んできました。

基盤力を作り込み、その上に実戦的なスキルを積み上げることで、確実に力を伸ばす

英語力、コミュニケーション力ともに、英語と日本語の根本的なシステムの違いをまず理解し、そのシステムの違いに対応できる力を養成する「基盤力づくり」を何よりも重視しています。時間がかかるようで、実はこれがもっとも効率がいいからです。そのしっかりとした土台の上にビジネスに必要な実戦的な力とスキル(報告、プレゼン、ファシリテーション、交渉など)を載せていくことで、より応用力と汎用性の高い実戦力が身につけられる学習体系です。本当に現場で生きる英語コミュニケーション力を身に付けるためのプログラムとして、付け焼刃の対策に終わらない戦略的なグローバル人材開発を目指す国際企業や組織で、成果確保型研修として長年取り入れられて成果をあげています。

開講コース(東京)

英語力強化エントリーコース20(春)

英語の「音とリズムの特徴」、「意味的、構造的な特徴」を体得すると英語力が飛躍的に伸びます。その具体的な学習法を体系的に学びます。 K/Hシステム学習法の基本エッセンスを実践的に身につけられるコースです。

[1.5日コース]


申込は、2020年1月下旬に受付開始予定です。


英語力強化コアコース20(春)

サバイバル英語を超え、推測に頼らずに「瞬時に」かつ「正確に」聞き取れる力を強化します。ワークショップ形式で実践練習を中心にしたコースです。また、さらに高いレベルに達するための学習方法も同時に学べます。

[半日x3回コース]



申込は、2020年1月下旬に受付開始予定です。


ビジコミ強化コアコース20(春)

説得力のある話し方に必須な「英語的な話の組み立て方」と「英語の配慮表現」を体系的にワークショップ形式で実践練習しながら学びます。現在の英語力でコミュニケーションの効果を最大限に高められます。

[半日x3回コース]



申込は、2020年1月下旬に受付開始予定です。


中級リスニングコース20(春)

細部まで正確に理解できるリスニング力を目指す実践的訓練コースです。複雑な文でも、構文を追いながら文頭から聞き取り、かつ文章全体の論旨もきちんと追って、論理的に聞き取る力の養成を目指します。

[1.5日コース]


申込は、2020年1月下旬に受付開始予定です。


開講コース(米国)
開催都市:デトロイト  /  コロンバス

基本学習法コース20(春) デトロイト

推測に頼ったサバイバル英語から脱却し、瞬時に正確に、聞き取る、話すコツと、そうした感覚を作り込む方法を学びます。音のつかみ方、構文の追い方、英語を意味として理解する力、その継続学習法が身につきます。

[半日x3回コース]



申込は、2020年1月上旬に受付開始予定です。


アウトプットコース20(春)  デトロイト

意図を誤解されない「ビジネスとして適切な言葉遣い」、ネイティブが納得しやすい「ロジカルな話の組み立て」が分かり、誤解や衝突が減ります。信頼関係構築に大切な視点とコツが学べて、話し方も大きく変わります。

[半日x3回コース]



申込は、2020年1月上旬に受付開始予定です。


※開講コース(米国)は2都市で開催しております。
春季:デトロイト
秋季:コロンバス
公募講座(米国)の詳細

継続上級者向けプログラム

フェローシップ・プログラム 2019

K/Hシステムのプレミア・プログラムです。公開講座4コース以上、または長期企業研修を修了した方が、英語力・ビジネスコミュニケーション力をさらに向上させるためのコースです。毎年扱うテーマが変わります。

[前日x4回コース]






*2019年12月7日(日)はフェローシップ新規受講者用 キャッチアップ用セッション

継続学習サポート

K/Hシステム Bridgeプログラム

[初中級者向け継続学習プログラム]

初中級レベルから、中上級レベルへの橋渡しをねらいとしたプログラム。書籍「はじめてのK/Hシステム」で学んだことを活用して「OS変換の学習」を継続するための教材提供型プログラムです。