K/Hシステム英語学習法とは

日本の学習者のもつ特有の問題を「根本から解決」するための体系的トレーニングプログラム

日米両国で20年を超える実績を持つ、実践型の英語コミュニケーション力養成プログラムです。 1996年に米国で駐在員のための英語学習法セミナーとしてスタート。両国で公開講座型セミナー、企業内研修を教えてきた講師陣が、 実際の経験を通して積み上げてきた分析をもとに、20年にわたって方法論を開発、改善しながら体系化してきた、現場に根差した学習プログラムです。学んできたはずの英語が実際のコミュニケーションの現場で生かせず、英語学習にも、コミュニケーションにも行きづまっている日本人ビジネスパーソンの苦労をひとつひとつ理解し、日本人特有の落とし穴や壁を洗い出し、それらを乗り越えるためのステップを学習法に作り込んできました。

基盤力を作り込み、その上に実戦的なスキルを積み上げることで、確実に力を伸ばす

英語力、コミュニケーション力ともに、英語と日本語の根本的なシステムの違いをまず理解し、そのシステムの違いに対応できる力を養成する「基盤力づくり」を何よりも重視しています。時間がかかるようで、実はこれがもっとも効率がいいからです。そのしっかりとした土台の上にビジネスに必要な実戦的な力とスキル(報告、プレゼン、ファシリテーション、交渉など)を載せていくことで、より応用力と汎用性の高い実戦力が身につけられる学習体系です。本当に現場で生きる英語コミュニケーション力を身に付けるためのプログラムとして、付け焼刃の対策に終わらない戦略的なグローバル人材開発を目指す国際企業や組織で、成果確保型研修として長年取り入れられて成果をあげています。


■  K/Hシステム 全体像

K/Hシステム 学習法の考え方と、
提供している公募講座・継続学習プログラム・市販書籍の全体像をまとめてあります。

■  K/Hシステム 公開講座

春と秋に開催の公開講座は、英語学習の全く新しいアプローチを学ぶ実践体験型セミナーで、 クラスで学んだ学習法を使った自己学習や継続学習プログラムなどと組み合わせることで、 公開講座をマイルストーンとして、初級レベル から超上級レベルまで力をつけていくことができます。   2024年春季コース 申込受付中


基幹コース群 

  英語力強化コアコース

対象:TOEIC 700点~950点

サバイバル英語を超えた、本格的な実戦力へとブレークスルーする学習法を習得する

● 5月 4日(土)・5日(日)・6日(月祝)  [午前 半日x3回]


  ビジコミ強化コアコース

対象:TOEIC 700点~990点

英語の「社会人」の話し方の基本とコツを学び、今の力でコミュの質を上げる

● 5月 4日(土)・5日(日)・6日(月祝)  [午後 半日x3回]


初中級者向けコース

  基本学習法コース

対象:TOEIC 500点~700点

英語の基本を確認しながらK/H学習法の基礎をじっくり学ぶ

● 4月20日(土)・21日(日)・27日(土)  [午前 半日x3回]


ハイレベルコース群

  中級リスニングコース(春季開講)

対象:TOEIC 800点以上

本格的な実戦に向けて、英語聞き取り力の 精度と緻密さを強化する

● 5月25日(土) 終日・26日(日) 午前  [1.5日]


  中級スピーキングコース(秋季開講)

対象:TOEIC 800点以上

本格的な実戦に向けて、意思を明快に、誤解なく伝え、相手に動いてもらえる力を徹底強化する

次回は2024年11月頃を予定


  上級スピーキングコース

対象:TOEIC 850点以上

本格的な実戦の場で、建設的、生産的に議論に参画できる力を強化する


上級者向け 継続プログラム

  上級フェローシップ・プログラム

対象:公募講座を 4コース以上履修/または 企業向け長期研修修了者 かつTOEIC 800点以上

月1回×4か月の K/Hシステムの上級者向けプレミア・プログラム。毎年、新しいテーマを扱い、本格的な英語実戦力に必要な力を最新のノウハウで強化訓練。K/H システム最高峰のプログラムです。

2023年度受付終了・次回は2024年12月~3月の開講を予定


継続学習サポート

  英語基盤力強化 自学プログラム

中上級者向け 4カ月間 通信型自学プログラム

対象:TOEIC 750点以上目安 / 英語強化コアコース履修済みの方 / K/Hの学習法の基本的な理解があり、一体化までの学習サイクルを体験している方

4ヶ月間で、着実に自分の課題を改善して<英語力>と<自学力>を上げていくためのプログラム。 K/Hの最新の自学習ノウハウが詰まった動画を軸に、自分のペースで1カ月学習 → その上で、月1回シャドーイングの録音を提出して講師から方向調整のフィードバック。 これを4サイクル繰り返して学習リズムを作りながら、4 カ月確実な上達を感じながらの学習が可能。





  K/Hシステム Bridgeプログラム

初中級者向け 継続学習用 自学教材セット

対象:書籍「K/Hシステム 0(準備編)」学習済み または 基本学習法コース履修済み、TOEIC 450~650点目安

初中級レベルから中級レベルへの橋渡しをねらいとした、自学用教材セットを提供します。書籍「K/Hシステム 0(準備編)」で学んだ考え方や学習ステップを活用し、K/Hシステム学習ツールが入った教材やトレーニング用ドリルなどを使い、自分のペースで学習していただけます(全教材4冊 付属CD6枚)
※レベルを上げた中上級レベルの教材に組み替えたパッケージも提供可能