公募講座(東京) > 中級リスニングコース

中級リスニングコース

対象レベル

英語力強化コアコースを既に受講された方、またはTOEIC730点以上の方

英語力強化コアコース既受講者の方

継続学習のマイルストーンとして学習の進捗と次の課題を確認したい方。長い構文も正確に聞き取れる高度な聞き取り力を養成したい方、コアコース受講後、停滞気味の英語学習に刺激が欲しい方

弊社書籍の[究極の英語学習法 K/H System 入門編]の学習者

書籍を仕上げて、その学習の成果と次の課題を確認したい方。(TOEIC730点に満たない方は、電話かメールで事前にご相談ください。)

新規受講者の方

最低限の基礎力(TOEIC730点以上)はあるものの、勘に頼ったサバイバル的な聞き取りから脱却し、長い文も確信をもって正確に聞き取れる力を強化したいと感じている方。

また、英語力は高い(TOEIC900点以上)が、さらにレベルアップするための課題が分からずに悩んでいる方。
注意:クラスは、英語力強化 コアコース、または『究極の英語学習法 K/H System 入門編(もしくは)』(アルク刊)で学ぶ方法論の理解を前提にして進みますので、入門編またはワークブックのどちらかに一度目を通しておくことをお勧めします。


学習内容

概要と目的

英語力強化 コアコースで学んだ「基盤力」を固めると同時に、このレベルの受講者にありがちな文法力、構文運用力の曖昧さから来る不正確な聞き取りから脱皮し、より高度な英語力にレベルアップするための実践トレーニングを徹底的に行ないます。長く、複雑な文でも、文頭から正確に、リアルタイムで英語を理解できる力を養成します。

英語力の伸びは、構文力とその運用力に確実に比例します。しかも、ある程度内容のある話を、正確に、ニュアンスまで丁寧に理解するには、「しっかりした構文力」が必須になります。英語力がついてきて、より高い目標を目指すようになればなるほど、構文力と構文運用力を身につける重要性は増してきます。早い段階から構文力の強化に取り組むことが、遠回りのように見えて、着実な上達のカギになります。

コース内容の詳細

K/Hシステム学習法の簡単なレビュー

学習法を簡単にレビューし、「音をつかむ力/意味をつかむ力」と「瞬時に意味・イメージに落とし込む力」をつけるための視点とコツを復習します。また、リスニング力の自己アセスメントを行い、前回の受講から「改善している部分」(新規受講者は「できている部分」)と「これからの課題」とを特定します。


日本人がリスニングで苦労する構文パターンの聞き取り強化

ネイティブがよく使うにもかかわらず、日本人英語学習者がリスニングで非常に苦労する構文のパターンにフォーカスし、実践的に身につけます。構文に注目したリスニングアセスメントを行い、自分の課題を具体的に認識した上で聞き取りの訓練を行うため、クラスの中で、自分の課題を意識して、課題を効率よく克服していくサイクルを体験することができます

教材は、パターンドリル型の練習教材と、ネイティブのビジネスパーソンの生のスピーチを使った応用練習教材の両方を使います。パターンドリル型の構文強化教材には、日本人が苦手とする、ビジネスの現場・政治・ニュースなどで頻出する構文パターンが詰まっています。また、例文で使われている表現もネイティブがよく使う自然なものばかりなので、身につけておけば、確実に聞き取りに生きてきます。


例えば「複文」の構文パターンには

1. 疑問詞節が主語になって、主部が長くなるもの
What I could do to help the US side is to share all the data we have from past projects.など

2. 主節に挿入が入って、述語動詞と目的語が離れてしまうもの
I felt (as I was listening to Mr. Sato talk) that I am very lucky to be working under such an inspiring leader. など

3. 主語に関係代名詞や関係副詞などがついて、主部が長くなるもの
The first thing we would like to do is to have everyone introduce themselves.など

上記のような構文パターンが多数入った英文の聞き取り練習(ドリル)を繰り返し行い、聞き取りのパターン感覚(聞き取りの型)を作り込みます。基礎練習を行った後で、色々な構文パターンがランダムに登場する生の英文を使った応用練習で実戦感覚を養います。


英語の論理構造とノートテーキング

3ユニットで構成されるこのコースの最後のユニットでは、<構文を正確に追う>実戦的な聞き取りを土台に、一歩進んだ聞き取り練習のツールとしてノートテーキングを紹介します。ノートテーキングは、英語の総合的な力が試されるスキルで、一朝一夕にできるようにはなりませんが、練習すること自体で様々なメリットが得られます。一文単位では、構文を立体的に追って意味をつかむ感覚が更に強化されると同時に、イメージで英語をとらえる感覚も強化されるため、結果として一文のメッセージが確信をもって頭に残りやすくなります。また、パラグラフ単位では、典型的な英語の論理構造のパターンを意識して立体的にノートを取る練習をし、その結果として、話の流れを追ってロジカルに聞き取る感覚が強化されます。そのため、長い話を聞いても、話の論旨やポイントをつかむことができ、最後までメッセージが頭に残るようになります。ノートテーキングの実践練習と同時に、講師によるデモンストレーションが見られることで、効果的なノートテーキングのやり方が具体的に分かり、理解も深まります。


主な練習テクニック

シャドーイング / ディクテーション / やまと言葉落とし / 立体ノートテーキング / 英語戻し / その他

効果

  • 強化コアコースで学んだことの復習になり、学習法や視点がしっかりと根付く
  • 正確な英語力の柱となる<構文>に対する意識と運用力が強化できる
  • 確信をもって英語を聞きとる感覚に近づくとともに、スピーキング力への効果も実感できる
  • 構文や表現の「パターン」を意識した、効率的なアセット増やしの視点が得られる
  • 長い文、長い話を聞いても覚えていられるコツが分かる
  • 英語力強化の効果的ツールとしての「ノートテーキング」のコツが分かる

使用教材

① 日本人の苦手な 構文パターン集

② Effective Feedback(CD付)

③ ノートテーキングに使う記号・シンボルリスト

④ リーダーのスピーチ教材(CD付)


ビジネスや政治の世界でリーダーとして活躍しているネイティブスピーカーの生のスピーチの抜粋。トピック、スピーカーの役職、立場、背景、性別などの異なる色々なタイプのスピーチを使い、実際の生きた例の中で「構文パターン」と「話の論理構造」の聞き取り練習をすることで応用力も強化します。

過去参加者の声

いろんな人のスピーチを取りあげているのが、おもしろかった。又講師の詳しい解説、豊富な教材、勉強法のアドバイスも良かった。緊張感のある中で、集中力をもって取り組めた。また、講師の他の人に対する注意、アドバイス等が全て私にもつながるものだった。


やみくもに聞いていたのですが、授業を受けて、話の展開を予測しながら聞くポイントがわかり、聞きやすくなりました。・音の聞き取りとか、細かいところを落とすところとか、まだ多々ありますが、構造が掴めるようになった(これからにかかっていますが)のが、とてもうれしいです!!


PREPなど、文(章)の構造(構成)についてのレクチャーはとてもためになり、目からウロコでした。やっぱり英語は楽しい!と再実感させてくれる授業でした!!


ロジックパターンが分かることで、容量のあるものを聴く大変さが軽減しました。