公募講座(東京) > オンラインクラスのご案内

K/H システム オンラインクラスについて


K/Hシステムコース受講を検討されている皆様

新型コロナウィスルの状況から、K/Hシステムコースを受講する方々の安全を考慮して、秋のコースをオンラインで実施することにしました。 オンラインでも、対面の教室で行うクラスと同等の成果を皆さんに感じていただけるように、4月からいろいろと工夫してきました。5月から6月末までで企業研修で20セッション以上オンラインクラスをして、確実に成果が出せる方法も分かりました。加えて7月から10月にかけても、さらに企業研修を60セッション程度教えます。経験値が増えると同時に、さらなる創意工夫も進んだ後の10月からの公開講座をお楽しみに。K/Hシステムのオンラインプログラムもぜひ体験してみてください。

オンラインクラスのメリット


なんといっても自宅から受講できること。通う時間が必要ないので効率がよいことなどありますが、効果の面でも、対面クラスに勝るとも劣らないことがあります。たとえば、オンラインであるがゆえに対面クラスではできないような直接指導を受けられること。オンラインクラスでは、講師が個別に参加者を見てアドバイスするのも容易で、それを頻繁にできることも5月からの経験で分かりました。参加者は目の前に講師がいて、直接、一対一で語りかけられている感じで参加できます。対面クラスと異なり、ひとりだけの空間で回りに他の参加者もいないので、落ち着いて自分のペースで学習ができます。同時に、随所で発言する機会もあります。また、小グループセッションなどに分かれて意見交換や発表の機会もあり、いままで通りに周囲の参加者からの刺激も得られるようにデザインしています。また、技術面も、私たち講師からの音声も画質も高画質、高音質ですので、聞きにくい、見えにくいという物理的・心理的負荷はありません。

継続学習のメリット


対面クラスでは、3日間連続でクラスを実施していましたが、オンラインクラスでは、間隔をあけてクラスを実施します。クラスとクラスの間に課題に取り組むことができるので、自己学習や継続学習のやり方も分かります。その習慣も身につけるには最適ですね。

受講までの流れとしては、教材と音源は、前もって指定された場所にお送りします。当日は、お送りしたZoomのURLからオンラインクラスに入って受講するという手順になります。

ぜひ、K/Hシステムのオンラインクラスも試してみてください。

オンラインクラスの受講方法


オンラインクラスは Zoom * を使用して行います。
以下を参考に、ご自身の通信環境や使用する備品などを確認の上、準備をお願いします。
* Zoom は、無料で簡単にPC、タブレット、スマートフォンなどにダウンロードできるアプリです。


オンラインクラス受講に必要なもの

  • PC やタブレット等の端末
  • イヤホン
  • マイク、カメラなど (ともに、PC やタブレットに内臓のものでも可)

  • 教材音源(mp3ファイル)の再生機器

    ICレコーダー、スマートフォン、タブレット、PCなどUSBメモリで配布される教材の音源(mp3ファイル)を保存し、再生できる機器

  • 録音機器 (10分程度、自分の声を録音できるもの)

    スマートフォンのボイスメモ、IC レコーダー、録音機能のついたMP3プレーヤー など

オンラインクラスの受講方法


事前にZoomの詳しい接続手順や使用方法、ログイン情報(URL、ミーティングID、パスワード)をお送りします。クラス当日は、手順も参考にして、URLやアプリからクラスに入ってください (接続手順や受講環境を事前に確認しておきたい方のために、<接続テスト>も予定しています)。

スムーズな受講のために

  • スマートフォンより、PCやタブレットを利用する

    画面の大きさ、バッテリーの持ち時間などの観点から、スマートフォンよりも、PCやタブレットの利用を強くおすすめします。

  • イヤホンを利用してみる

    イヤホンを利用した方が、音声が聞こえやすい場合があるようです。

Zoom の通信を安定させるための工夫
  • 光回線など、Zoomのビデオ通話がスムーズにできる通信手段を工夫する

    ポケットWi-fi(モバイルWi-fi)やスマートフォンのテザリングなどでは、ビデオ通話に必要な通信速度が出ず、画像がかなり乱れたり、音声にも途切れや遅れが生じたりする可能性があります。

  • 端末は、「無線」ではなく「有線」で接続してみる

    通信が安定しない場合は、PCやタブレットなどの端末を、無線(Wi-fi)ではなく、LAN ケーブルなど有線で接続した方が通信が安定するようです(新たに購入される場合は、通信規格CAT7のLAN ケーブルがおすすめ)。 無線(Wi-fi) で接続する場合には、無線ルーターの近くで利用した方が、通信が安定しやすいようです。

    ※ iPad などのタブレットをLAN ケーブルに接続する場合は、「USB - LAN アダプタ」など、専用アダブタが必要なことがありますので、ご確認ください。